投稿日:

歯科は優秀な歯科衛生士次第で人気が分かれます

歯科で最も患者と接する時間が長い

歯科へ行くと、窓口にいる歯科助手、歯科医師、そして診療補助を行う歯科衛生士の3種類がいます。この中で最も患者と接する時間が長いのは歯科衛生士でしょう。歯科医師の補助以外にも、予防措置や保健指導を行うなど業務は多岐に渡ります。歯科医師は虫歯の場合に最も痛くされる可能性がありますよね。国家資格を持った歯科衛生士は丁寧な仕事をしてくれるので、優秀な歯科衛生士がいる歯科医院は常に混雑しているのです。予約が取りにくい歯科医院が近所にあったら歯科衛生士の印象が良いのでしょう。

医師よりも話しやすい印象を与える

予防措置を行う歯科衛生士は、患者の様子を常に見ながら作業を行ってもらえるので歯科医師よりも優しい印象を受けます。女性が大半を占めるので柔らかな印象を受けるのかもしれませんが、人材不足が深刻と言われて久しい職業ですよね。歯科医師が保険診療では既に儲からない職業となっていることから、歯科衛生士の給与も上がらないのです。このため、自由診療中心の歯科医院へ優秀な歯科衛生士が流れる傾向にあるのです。同じ仕事内容なら給与が高い方が良いですよね。

歯科医師は歯科治療の専門家

歯科医師は歯科治療に関しては専門家のため、的確な診療を行ってくれます。1人で複数の患者を同時に診療する必要があるために、治療が機械的になりやすいのです。歯科衛生士が優しい印象を与えるのに対して、歯科医師はテキパキと捌く印象を与えてしまうのでコミュニケーションは最小限となりがちです。患者の全てが社交的とは限らないので、歯科衛生士の人気次第で歯科医院を変えてしまう患者が出ても不思議ではないでしょう。回数通う歯科医院では、痛みを伴うことが多いので少しでも柔らかい印象があった方が行きやすいのです。

荻窪での歯科で治療を行えば、痛みをほとんど感じることなく虫歯を治してもらうことができるので歯医者が苦手な人には最適です。