投稿日:

前歯の詰め物と歯の色の違い、汚れで笑えない

前歯が虫歯!詰め物で歯がボロボロに見える

前歯が虫歯になると奥歯のように金属を被せるのに抵抗がありませんか?そうですよね、笑うたびに金属の輝きがキラッとしていまいます。それを避けるためにも、前歯の治療にはセメントやセラミックを使うのですが、どうしてももともとの歯の色との差が大きく、目立ってしまいます。その治療が1本であれば良いのですが、複数の歯に詰め物をしていたり、歯と歯の間が虫歯になって隙間に違和感があったりとすると、大きく口をあけて笑ったりするとき、少し抵抗がありませんか?素材の改良などで、歯の色に近い色をその都度出せる技術が開発されることを本当に待ちたいと思いますね。

経年変化での黄ばみ、色落ち

歯の治療で、詰め物が目立ってしまうのも困りますが、年数がたってその詰め物と歯の間に茶色いシミが出来たり、詰め物そのものが汚れてきたりしますよね。ただでさえ歯医者さんには行きたくないのですが、メンテナンスという意味でも年に数回は通って、歯、はぐきのチェックをしてもらうついでに、前歯を中心に詰めているものが汚れて気になるとお願すれば、多少ですが磨いてきれいにしてくれるときもありますよ。詰め物が浮いて来たり、中で虫歯になって後で大変な事になるのを避けるためにも、年に数回は勇気を出して歯医者さんに行ってみましょう。

磨き、メンテナンスのつもりが大治療に

特に問題もなく、メンテナンス、口腔ケアで歯医者さんに行きプラークを取ってもらうつもりが、何故か古い詰め物が取れたり、風を吹きかけてみるとしみたりが発覚、レントゲンを撮ったら神経まで虫歯で、化膿寸前ということもあります。虫歯は歯医者さんがお休みのある日突然やってきますからね。治療は少しでも早いほうが、短くて済みますし、辛さも減るでしょうから毎月は難しいにしろ、数か月に一回はプラーク取りで通ってみてはいかがでしょう?慣れてくると、気持ち良くて毎週行きたくなりますよ。

オールセラミックは、とても頑丈で錆びることが無いため、様々な工業用の製品に用いられることがあります。